ほうかんバカのブログ

「ほうかん」とは訪問看護師の通称
「バカ」がつくほど訪問看護好きの独り言・・・
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

秋の気配

昼間はまだ暑い中での訪問ですが、

訪問途中にふと見上げると、銀杏

が実っていました。

 

気づけば、蝉の声が虫の声に変わり

日が短くなって、朝夕はめっきり

涼しく、秋の空気が濃くなってきて

いました。

 

利用者さんに、銀杏のことを伝える

と「秋だね、前は拾いに行ったものよ」

とにっこり。外出の機会の少ない方に

季節の話題を伝えるのも、訪問看護師

の役割だと思っています。

 

急な季節の変動に、体調を崩される方

が夏より秋のほうが多いように思い

ます。体調不良防止に、日々気をつけな

がらの訪問になります。

 

 

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

台風一過

台風一過の青空がひろがりますが、昨日の

台風21号の風は凄まじいものでした。

陶の里のある東濃地域は、災害が少なく

今回も大したことないだろうと、

たかをくくっていたところがありました

が、風が吹き始めると、木の枝が飛び散り、
車が揺れ…経験したことのない強風で

びっくり。訪問は、繰り上げたり等調節

して、早めに帰宅しましたが、利用者さん

と、自分の身を守る重要性、難しさを感じ

た1日でした。

 

朝出勤すると、陶の里の森の木が倒れて

いましたが、けが人も車への被害もなく

ほっとしました。

 

今年は、どんぐりが豊作のようです。

山ほど落ちていました。

- | comments(0) | trackbacks(0)

猛暑の夏です。

今年の夏はとにかく暑いですね。

ステーションのある多治見市は、暑いことで

有名な街で、この前は40.7℃を記録しました。

商店街に栽培されている空中すいか

(あみにぶらさがって実がついている)

も暑さのため枯れてしまっているのが

目につきます…

 

訪問看護は暑さとの戦いの毎日で、

首のタオルと水筒、塩タブレットは

欠かせません。利用者さんにも脱水予防

への対応に心がけています。

 

でも、大暑を過ぎて、ふと気が付くと

ススキの穂が出ていました。涼しくなる

秋が待ち遠しいです。

- | comments(0) | trackbacks(0)

七夕

デイサービスの七夕飾りです。

7月7日は雨が降らないといいですね。

皆様の願いが叶いますように☆

- | comments(0) | trackbacks(0)

viva!BBQ!

梅雨時というのに天候に恵まれBBQやりました。特製のスペアリブや塩ホルモンをもちより、5時間にわたって舌鼓。

 

- | comments(0) | trackbacks(0)

特別なおめでとう

昨年100歳のお祝いをした利用者さん。

今年、101歳を迎えられました。

お誕生日前に、少し体調を崩されましたが、

100歳パワーで回復されました。

 

100歳は特別だけれど、101歳は、またまた

特別な気がします。毎日、几帳面に介護を

続けられている介護者さんに頭が下がる

思いです。

 

手作りだけれど、バラを11本花束にして

贈りました。支援する看護師もパワーを

いただけます。

- | comments(0) | trackbacks(0)

ipad導入!

 

ipad導入!

勉強会でも大活躍。

資料配布がなくなりました♪

- | comments(0) | trackbacks(0)

春爛漫

ー歓送迎会ー

 

ー夜桜ー

 

春爛漫となりました。今年の冬は

寒く、花が遅いかと思っていたら

あっという間に、桜、はなもも

ゆきやなぎなどが一気に咲きました。

昔から桜を詠んだり、歌ったりした

ものが多いのは、寒い冬から春を

待ち遠しく思った気持ちがよく

わかる気がします。

 

急に暑くなり、夏のような日も

続き、暖房の部屋でお湯を使って

のケアは汗だくになります。

利用者さんも、なかなか衣服の

調節ができず、水分摂取や室温の

設定にも気を使う季節です。

 

先日は、歓送迎会が開かれ、楽しい

ひとときを過ごすことができました。

陶の里から離れるお2人と、新しい

仲間の今後の活躍を期待しています。

- | comments(0) | trackbacks(0)

冬の訪問

訪問車が出発した後

 

野良さんの足あと

 

この地方も、この冬最強の寒波がやって

きて昨夜から今朝にかけて雪が降り、

凍結もひどく、早めの出勤の後、訪問車

の雪下ろしをしてからの出動となりました。

 

「多少寒いのはいいけど、雪はねぇ…。」

とスタッフ間でいつも話します。雪国の

ナースの方に言わせれば、その位で…と

笑われるかもしれませんが。

 

もうしばらくは、寒さとの戦いの訪問と

なります。

- | comments(0) | trackbacks(0)

年の瀬

 -わらでできた犬-

 

-陶の里の庭で物色中の野良さん‐

 

今年もいよいよ終わりに近づきました。

25日を過ぎると、クリスマスムード

一色だった街の景色も、一気に年越し

の雰囲気に変わります。

 

毎年、この季節は利用者さんに、

好きなおせちや、年末の準備について

聞くようにしています。

「たつくり」「かずのこ」「昆布巻き」

「餅は5臼ついてたよ」など、去年と

同じ答えが聞ければ、よしよしと安心

します。

 

訪問看護は、まだまだ忙しい毎日ですが、

行く年を振り返り、来る年を思うこの

時期は、慌ただしい中にも、しみじみ

としたものを感じます。

 

1年ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

- | comments(0) | trackbacks(0)